2016年 10月 の投稿一覧

工務店に依頼するメリットデメリット

注文住宅の建築を、工務店に依頼するメリットデメリットがあります。
メリットはまず、工務店は設計に関して自由度が高く融通が利くため、断熱性を高めたい、風通しのよい住宅にしたいなどの希望を、予算に合わせて柔軟に取り入れてもらえるところです。
また、建築した既存の家や施工写真を見せてもらうことができるため、建築する注文住宅のイメージがしやすくなります。
そして、工務店には地域に密着した会社が多いため、その地方の気候などを踏まえて、その土地に最適な住宅を建てることが可能です。
それから、親近感があって相談しやすく、入居後の不具合や修繕依頼などにも迅速に対応してくれます。
さらに、多くの人件費や広告費などがかかっていないため、ハウスメーカーに比べると低い価格で建てられることもメリットです。
デメリットは、工務店は施工が得意分野のため、使いやすいデザインや工法での建築となる場合があるところです。
一方、最新技術を取り入れているところもあり、会社によってかなり差が出てきます。
工務店は地元で長く愛されている会社も多いので、完成保証に加入していたり、評判がよいことなどを確認して信頼できるところを選ぶことが大切です。

設計事務所に依頼するメリットデメリット

注文住宅を建てるに当たって依頼先には設計事務所や工務店、ハウスメーカーなどがあります。工務店やハウスメーカーの場合には設計料は込みであったり企画型であったりしてそういう名目がない場合も多いものです。
設計事務所に依頼する場合には工事費の何%かの料率で設計料をとられる場合がほとんどです。そして工務店やハウスメーカーの場合には別に発生はしませんが、設計事務所の場合は同意を得た上で第三者として設計図通りに工事が行われているかどうかのチェックのために設計監理料が別に必要になります。
打ち合わせも密に行われ拘りの家造りが行えるのはメリットとなります。そして構造も全ての種類に対応し、法規に関しても詳しくデザイン面にも優れます。設計図書に基づいて見積書が作成され良い施工業者を紹介してもらえます。
デメリットとしては打ち合わせの手間が多く工期も長くかかるということがあげられます。
サイトから事務所の内容を掴めても設計者によってうまく行くときとそうでないときがあるというバラつきもあるようです。

断熱性のいい住宅とは

断熱性の良い住宅とは、室内が外気の影響を受けにくい構造となるものです。そのためにエアコンなどの冷暖房効率が高まり、冬場は結露の発生も抑えられることになります。カビが発生しにくいので健康面でも安心できますし、また建物の躯体も結露が生じないので劣化を防ぐことにつながります。注文住宅を設計する際には、このような構造となるように配慮することも必要となります。そのためには、基本的に断熱材を隙間が開かないように敷き詰めることになります。さらに窓ガラスを通して熱が逃げることのないように、ペアガラスを採用することも大切です。これは二枚のガラスの間の空気層が熱の伝導を防ぐ役割を果たすためです。また、極力サッシなどは小さくすることもポイントになります。また外壁の塗装でも工夫できることがあります。皮膜の厚い塗料を使うことで、外断熱の役割を果たすことになります。建物を外から丸ごと守る形になるので、効率良く断熱性を高めることになります。

家づくりの進め方

新築一戸建てを手に入れる際に、注文住宅を選ぶ人の場合、自由度の高さが魅力である反面、考えることがとても多くなるため、かなり大変になるものです。
あれこれ考えずに、シンプルに進めてしまうという手もありますが、それでは注文住宅の意味がなくなってしまう恐れがあります。
なお、注文住宅を建てる時には、一体どういった進め方をすれば良いのか、最初の段階がよくわからないという人もいるでしょうが、住宅展示場に行って、気に入った住宅メーカーのモデルハウスに行き、常駐しているスタッフに話を聞くとスムーズに進められるものです。
丁寧な対応で、家づくりに関するさまざまなことを説明してくれますので、とても頼りになるものです。
メールでやり取りをしたりすることもできますから、仕事で忙しくてゆっくり話をする時間が作りにくいという人でも進めやすいものです。
なお、モデルハウスの内覧や相談は無料で受けられますから、気軽に行けて良いものです。

後悔しない住宅会社の探し方

注文住宅は建売住宅と異なり、オーダーメイドで新築の家を建てることになります。同じ費用をかけるのであれば、できる限り満足度の高い家を建てたいと、誰もが思うことになります。そのためには、まず住宅会社の探し方も知っておく必要があります。その条件となるのは、施主の立場に立って設計を行えることです。その見極め方は色々とありますが、まず問い合わせをした際の受付の対応が参考になります。丁寧に受け答えするところは、しっかりと教育が行き届いていることがわかります。これは大事なポイントで、設計から施工まで一貫して行う会社であれば、その全ての工程で教育がされていることになります。そのようなところは安心できますし、品質も高いものです。また実際にモデルハウスを見学して、細かな点に注意してチェックすることが大事です。例えば窓枠などにほんの少しでも隙間が空いていないかどうかです。これはきちんとした職人ならば絶対に見過ごさないところです。

失敗しない土地探し2

新築の注文住宅を購入する場合には、住宅を選択する前に土地を探す必要があります。建物と違って土地は後から手を加えて変更させることができないので、住宅選び以上に重要となります。高額な資金も必要になるので、失敗しない土地探しをする必要があります。失敗しないためには、自身の見極める目や情報収集力が求められますが素人にとっては専門知識も乏しいので大変です。有能な不動産会社に担当してもらうことが大切なので、数社の会社を比較して依頼をします。プロの意見を聞きながら自分の知識や判断力も高めていきます。気になった土地が見つかったら、必ず現地を見て判断します。1度だけではなく、日にちや時間帯を変えて何度も見に行くことが必要です。平日と休日、時間の違いで周辺の様子は変わるので何度も見学をして確認をします。近所にどのような人がいるのか確認しておくのも重要です。長い付き合いになるからこそ、ストレスになる要因を事前に見極めておく必要があります。

失敗しない土地探し1

注文住宅は、予算に合わせて延べ床面積の削減や設備機器のグレードダウンなどにより予算調整が可能ですが、土地の場合は購入者の希望を考慮する事無く現在の状態で購入する必要があるので、予算や面積など何か購入者の希望に合わない不動産物件ばかりです。その為、新築の注文住宅の土地探しは自分達の希望に優先順位をつける所から始める必要があり、自分達の希望に優先順位をつける事で、自分達の希望にする不動産物件の価格の相場が明確化し、何を妥協すれば自分達の希望の予算に合うのかが理解出来、効率良くあまり時をかけず探す事が出来ます。又、インターネットや紙媒体に記載されている不動産物件以外に、昔から営業している不動産屋は自己で管理している不動産物件もあるので、気になる土地があった際には注文住宅の建築を依頼するハウスメーカーや工務店の担当者に相談すれば、所有者を特定してくれ思わぬ価格で自分達の希望する土地を購入する事が出来るケースもあります。失敗しない為には、自分達の希望を明確化し不動産情報の有無にかかわらず、兎に角自分達の希望する地域の土地を見て回る事です。

注文住宅の設計について

三重県の注文住宅で家づくりを進める場合設計を行う必要がありますが、一から家づくりを行うことは非常に楽しい反面、不安を感じる方も少なくありません。多くの方は家づくりのノウハウをあまり分からないので迷うことは当たり前の事だと言えるでしょう。設計に関しては設計士と相談しながら決める事で、間違いのない家づくりを進める事が出来るのではないでしょうか。設計士は家づくりに関する様々なアイデアを持っており、暮らす方が住みやすい家を実現する事が出来るでしょう。また自分から設計に関して勉強する事も非常に良いと言えるのではないでしょうか。そこから生まれるアイデアも多く、より家づくりを楽しめるようになるでしょう。暮らす家族によって設計も大きく変わってきますが設計士と連携を取りながら、家族が安心して快適に暮らす家を手に入れましょう。設計事務所によって得意な面などが違うので今までの実績などを踏まえて建築依頼を行う事が重要ではないでしょうか。

新築の土地探しについて

注文住宅を建てる前に新築の土地探しを行う場合、複数の不動産業者と相談しながら住み易さなどを考慮した土地探しを行う事が基本です。基本的な流れは不動産屋に出向いて、住み易さを考慮しながら希望する土地の広さや予算などを業者と相談して、希望する注文住宅を建てる際に相応しい土地の購入を検討します。希望する立地や土地の条件などを業者に相談すると、相談者の話に見合った土地などを紹介してくれます。希望に近い土地を紹介してきても売れ残りである土地であったり、墓地の近くにあるなどの条件でめぼしい所が見つからない場合もあります。売れ残りの物件は立地などを鑑みないで契約する事を重点的に考えている業者が多いので、住みやすさを考慮した所を紹介してくれたり、希望に沿いながら親身に対応してくれる不動産屋を立ち回る事が基本的な行動の方法です。良質な注文住宅を建てる為には住みやすい土地を購入する事が基本なので、めぼしいところを見つけるために多くの不動産屋を訪れます。

耐震住宅について

耐震の注文住宅は、地震の横揺れに対して筋交いや補強金具等を住宅の躯体に各所箇所に施工する事で建物を頑強にして耐震性能を向上させていますが、現在では耐震構造に加えて制震構造や免震構造及び地盤補強工事を併用し更に耐震性能を向上させている注文住宅物件が増えています。制震構造は、地震の震動エネルギーを熱エネルギーに変換する減衰性能を有する制震ダンパーを建物の壁内に組み込む事で耐震性能を向上させています。免震構造は、基礎と建物の間に積層ゴムやボールベアリングなどを設置する事で地震の震動エネルギーを建物に伝わり難くする事で耐震性能を向上させています。地盤補強工事工事は、耐震性能の高い住宅でも液状化や地滑りが発生しては耐震構造や制震構造及び免震構造の意味が無くなるので、杭状や柱状のコンクリートを地中深くまで設置する補強工事、建築用地の土と攪拌する事でコンクリートの様に固まる地盤改良など施工する事で耐震性能を向上させています。注文住宅において、どこまでの構造を有しどこまでの地盤補強工事をするかは施主の判断と建築予算に委ねられています。