工務店に依頼するメリットデメリット

注文住宅の建築を、工務店に依頼するメリットデメリットがあります。
メリットはまず、工務店は設計に関して自由度が高く融通が利くため、断熱性を高めたい、風通しのよい住宅にしたいなどの希望を、予算に合わせて柔軟に取り入れてもらえるところです。
また、建築した既存の家や施工写真を見せてもらうことができるため、建築する注文住宅のイメージがしやすくなります。
そして、工務店には地域に密着した会社が多いため、その地方の気候などを踏まえて、その土地に最適な住宅を建てることが可能です。
それから、親近感があって相談しやすく、入居後の不具合や修繕依頼などにも迅速に対応してくれます。
さらに、多くの人件費や広告費などがかかっていないため、ハウスメーカーに比べると低い価格で建てられることもメリットです。
デメリットは、工務店は施工が得意分野のため、使いやすいデザインや工法での建築となる場合があるところです。
一方、最新技術を取り入れているところもあり、会社によってかなり差が出てきます。
工務店は地元で長く愛されている会社も多いので、完成保証に加入していたり、評判がよいことなどを確認して信頼できるところを選ぶことが大切です。

SNSでもご購読できます。